研修参加方法

個人募集型と団体申し込み型の2パターン

個人募集型

(個人で研修に参加したい)

  • 現職対象 研修料金(4泊6日 2日半間研修):398,300円
    • 内訳:研修費、成田空港からの航空料金、空港送迎・視察中の移動費、半日ロス観光費、2名1室ご利用宿泊費
      注:燃油サーチャージ、税 及び食費含まず
  • 参加人数:6名以上集まった場合、催行可能
  • カスタマイズ度:
    • 原則として規定スケジュールで実施。見学希望ユニットや希望トピックなどは、
      参加者全員の希望を踏まえながらできるだけ対応
  • 2016年の研修予定
    • 現職対象 12月5日(月)~12月10日(土) 申し込み締め切り 11月4日


団体申し込み型

団体(例:病院、企業、学校単位など)で研修に参加したい

  • 医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、放射線技師、臨床工学技士、管理栄養士など他の職種と合同でも対応できます。
    多職種医療研修ページをご参照ください。)
  • 研修料金
    • 参加者人数、日程、研修内容などによって変わりますので、お見積もり致します。
  • 参加人数:4~15名 (それ以外の場合はお問い合わせにてご相談ください)
  • 日程の自由度:

参加者対象

病棟看護師
看護管理職(病院、施設、訪問看護ステーション、看護協会所属など)
大学看護部教員
看護学生

研修地

アメリカ カリフォルニア州、ロサンゼルス

内容(ニーズに合わせてカスタマイズ可能)

参考:スケジュール例研修写真集 徳洲会研修写真集 恵佑会札幌病院訪問看護・ホームケア

  • 米国医療制度概要についての解説
    • 各病院での現場視察及び看護師とのディスカッションの理解を深める為、米国医療の特徴を日本との比較を交えながら日本語で解説。通常、医師は病院に常在せず看護師が患者アセスメントに重要な役割を果たす点や、
      在院日数が短く早期にナーシングホームや在宅ケアに移行する点など、
      役立ち情報を短時間で効率的にカバーします。
  • 日米の正看護師ライセンスを持つ看護師による
    講義・ディスカッション
    • 現場で実際に使われている看護診断や看護計画システムの紹介や、症例を使った多職種医療サービスの介入など、日米比較を交えながら米国の看護の実情を分かり易く説明します。
  • マグネット病院の現場視察と看護管理者とのディスカッション
    • 全米看護協会より看護に対して最高のスタンダードを保持していると評価された医療機関に送られる「マグネット認定」の病院を訪問。
      看護師長らとディスカッションで、スタッフが働きやすく離職しない職場づくりの為の具体的な対策を紹介します。
  • 大手急性期病院、ナーシングホーム(療養型施設)、
    訪問看護会社又はリハビリ病院など、
    様々な現場の視察及び看護師とディスカッション
    • 看護ケアの質管理における課題と対応の具体例など、日本の看護現場で使える情報・アイデアが多く得られるように、また研修参加者の知りたい事がしっかり学べるようにコーディネートします。

但し、視察先の諸事情により上記の研修内容が変更される場合もございますので、予めご了承ください。



過去の参加者リクエストとアレンジ例
関連リンク

研修メニュー一覧(下記以外の研修も対応できますので、お気軽にお問い合わせ下さい)